我が家には、3歳になる男の子がいます。

以前、NHKの「プロフェッショナル」という番組で、小惑星探査機はやぶさのイオンエンジンを開発した國中均さんの回を見て、はやぶさにハマり、それ以来、宇宙が好きで、宇宙関連の本やテレビ番組を好んで観るようになりました。

宇宙

普段は、家で紙粘土を使って、地球やら土星やら、はやぶさやらを作っているようです。これは主に家内のアイデアですが、いくつか出来上がり手にもって飛ばして遊んでいます。

そんなさなか、先日より、幕張メッセで「宇宙博2014」が開催されることを知りました。

その売りの一つが、NASAとJAXAの初コラボ。というのでうれしい限りです。

JAXAの出展は、小惑星探査機はやぶさはもちろん、こうのとり、きぼう、イプシロンロケットと息子も大好きなモノがラインナップされています。どれも、NHKのコスミックフロントという番組でチェック済みで、息子も良く知っていて、仕事から帰るといつも教えてくれます。

そして、NASAの呼びはなんといっても火星探査車キュリオシティ、実物大模型です。

キュリオシティもコスミックフロントで紹介されていたので、息子が大好きで、「JAXAにプラモデルがあるみたいだよ。」と訳の分からないことを言っていましたが、宇宙博に行ったら、もしかしたらあるかもねというと、満面の笑顔ではしゃいでいました。

かわいいやつです。

そんな息子のために、宇宙博の期間中、二度ほど、都合をつけて、遊びに行こうと思っています。

会社にも有休をもらって、息子孝行ができるのを楽しみにしています。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする