バイクに乗っていると「いかに車はバイクの事を気にしていないか」が分かります。

バイクしか乗らない人には、分かりずらいかもしれませんが、車にも乗る人だと「なぜ車が、こんな事をするのか?」「どう思ってるのか?」が分かると思います。

バイク側が、車側の気持ちを知る事が、自身を危険から守る事になるので、バイカーの人は車だけのせいにせずに、ちょっと考えてほしいです。

もちろん車側もバイクの気持ちを少しは知っておいてほしいです。

バイク乗り

バイク側でヒヤっとくる事の1つは、自分が直進で対向車が右折などの場合、車ならこのタイミングでは出てこないよね?なんて事があります。

バイクは車に比べて小さいので、実際よりも遠くに居る錯覚をおこし、まだ大丈夫と出てくるのです。

「出てくるかもしれない」と頭に入れておくだけで、もしもの時の対処になると思います。

もし衝突した場合、過失割合が10:0なんて事はありませんし、こちらの過失が少なくても怪我をする確立が高いですしね。

逆に車側に気をつけて欲しいのは、前が車だったら抜かさないであろう状況で、バイクだから鬱陶しいとばかりに追い抜きをかける事です。

普通に流れている状況で、1台だけ追い越すなんて事は車だったら普通しませんよね?

バイク側も、まさか抜かれるとは思いませんのでビックリします。

そして、たいていの場合は、反対車線に少ししかハミ出さずに追い抜きをかけてくるので、バイクの近くを通り、抜かれた側はカブせられた感じがします。

何事も無ければビックリ&イラッで済みますが、下手したら転倒にも繋がりかねないので、注意して頂きたいですね。

事故は、当てても当てられても何の得にもなりませんので、お互いに気をきかせて安全運転を心がけたいですね。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする