あまり夜泣きをしなかったうちの子ですが、

まったくゼロと言うわけではありませんでした。

長女は、初めての子どもだったので手探り状態。

オムツ、授乳全部済んでいるのに泣かれたときがあって、本当に困りました。

今考えると、ちゃんと理由があって泣いているのですが、

生活のリズムが変わって、十分な睡眠をとっていない新米ママからすれば、

疲れとともに、夜泣きは堪えます。

赤ちゃん

子育てと言うのはママが、なぜか第一責任者。

もちろん、パパも頑張っていますが何かあったときにはママ。

どうして泣くのかわからないけど、泣き止ませなきゃ。

そればっかり考えるから、うまく行きません。

「お願い、泣き止んで」

夜泣きする赤ちゃんに、そうママは多いと思います。

それで、泣き止む赤ちゃんはいません。

むしろママの焦りが伝わり余計に泣きます。

どうして?どうして?お互い親子で思っているのに。

大人だったら、ずっと声を上げて泣き続けるのは無理です。

乗り越えられるとわかっている経験があるから泣き止むことが出来ます。

なにより、疲れますね。

夜泣きしている赤ちゃんは、疲れ知らずです。

こんな小さな体に、どうしてこんなスタミナが、と思います。

あかちゃんも必死です。

朝まで泣き続ける赤ちゃんはいないのです。

天使のようにすやすや寝てしまいます。

とても安らかに寝息を立てて。

あかちゃんにとって、アレほど泣き叫んだ問題は解決したのでしょうか?

続きは今夜という恐ろしいことは避けたいので、

公の育児相談ダイヤルを頼りました。

そこで戴いたアドバイスは、「同調する」でした。

泣いている赤ちゃんに、「辛いね。泣きたいよね。泣いていいよ。」

「ママはずっと付き合うよ」と口に出して言うのです。

もちろん赤ちゃんには言葉が通じていませんが、自分のことをわかってくれる、

理解しようとしてくれるというのが伝わることが赤ちゃんの安心につながるそうです。

実際にしてみましたが、ドラマチックにぴたっとは止りませんが大夜泣きより短い時間で、治まりました

もちろんこれは、オムツ・おなかすいてる、病気以外の夜泣きの場合です。

考えてみると、大人でも誰かにすがりたい、この人にはわかって欲しいときに、

「うるさいわね!」とか、「いい加減にして!」なんて言われたらキツイですね・・・。

受け止める側に余裕を持たせるためにも、同調はいいのかもしれません。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする