» 美容・健康のブログ記事

去年スキューバダイビングにハマってからというもの、海への憧れが増していっています。

普段家にいてもどうしても海に行きたくなってしまうので、とうとう家に海を作ることにしました。

海の主はファインディング・ニモでお馴染みのカクレクマノミにします。

クマノミ

なんと近所のホームセンターのペットコーナーにニモが売られていたのです。

ペットとして飼えると知ってテンションがあがって決めてしまいました。

しかし店に1匹しかニモがいなかったので、月末の入荷まで待つことにしました。

今日はニモを迎える準備物だけ整えました。

海水魚なので、海水の素だけ買えばいいと思っていましたが意外にそうはいかず、様々なものが必要になりました。

水槽、塩にカルキ抜きにバクテリアに汚れの除去剤、温度計に濃度計、フィルターに扇風機、これで2万円もかかってびっくりしました。

まだ主役もいないのに。

海水魚を飼うって手が掛かるのだなと思いました。

温度も一定に保たなければいけないそうで、今の季節は温度が上がりすぎるので、小さい水槽には扇風機が必要になります。

氷だけポンといれればいいと思っていましたが、氷のまわりだけ急激に水温が変わるので魚に負担がかかるそうです。

同じ要領できっと冬にはヒーターがいるのだろうと思います。

これから水槽に草やビー玉をいれて飾ろうと思います。キラキラしてきっと綺麗です。

ニモを迎える準備はバッチリです。

もう名前も決めてあります。

月末が楽しみです!

抜毛が増えて仕方がない時、薄毛に効く育毛剤を使用してみると効果的です。
ただ、最大限の効果を期待するためには、選び方からもこだわるようにしましょう。

医者

まず、薄毛の原因は人や性別により大きく違ってきます。
男性の場合、ホルモンの影響を受ける形で薄毛になりやすくなっていますので、男性ホルモンを抑える効果のあるものを選んでみるとよいです。

逆に女性の場合には、加齢により頭皮が乾燥することにより抜け毛が増える傾向にありますので、衰えてしまった頭皮に栄養を与えられるタイプのものを選んでみるとよいでしょう。

肌のタイプに合ったものを選ぶためには、商品ごとの効果についてよく説明を読んだり、日ごろから頭皮の状態についてチェックする習慣をつけておくとよいです。

さらに、育毛剤を選ぶときには、肌や体への安全性の高いものを選ばなければなりません。
商品によっては、頭皮に刺激の強い成分が含まれているものも存在しています。

とくに、外国から輸入したものについては、その国の薬事法によっては、国内よりも強い成分が含まれているものもありますし、現地の方の頭皮に合うように作られているため、使用したときに肌荒れを起こしてしまう場合もあるのです。

ミノキシジルのような成分が入っている製品は、たしかに薄毛に本当に効く育毛剤であるともいえるのですが、その反面として頭皮が荒れてしまう危険もありますので、その点を理解して使用をすることが重要になってきます。

国内で販売されているものについては、安全性も高くなっていますが、海外製を購入するときには、どのような成分を含んでいるのか必ず確認してから購入するようにしましょう。

子どもの頃から、小腹がすいたらよくきゅうりを丸かじりしていました。

マヨネーズや味噌をちょっとつけてバリバリ食べるんです。

きゅうり

おやつというとだいたい炭水化物系に走ってしまうと思うのですが、きゅうりなら野菜なのでカロリーの心配もありません。

夏には体温も下げてくれるので一石二鳥です。

以前働いていた職場で同僚に何気にこの話をしたところ、なぜか「すごーい、うちの旦那にも食べさせたい!」と感心されたことがありました。

その同僚の旦那さんは大の野菜嫌いだったそうです。うーん、そういう人にきゅうりの丸かじりは無理があると思いましたが(笑)

しかしそんな私も結婚し家計を預かるようになってからは、簡単にはきゅうりの丸かじりできなくなりました。

きゅうりのお値段を知ってしまったからです。1本あたり30円ほどですが、家計を預かる主婦としてはそう簡単におやつ代わりに食べられません。

しかも、野菜の値段が高くなったりしたら余計です。これが大人になるってことなんですかね(ため息)

代わりにさつまいもやかぼちゃをふかしたものをちょびちょびとつまんで空腹をしのいでいる日々です。